署名キャンペーンをはじめてみたけど…

二週間ほど前から、署名サイトchange.orgで民主党に、財政政策についての情報公開を求めます!を始めました。特設ページも作りました。昨年の同時期に炎上した #どうして解散するんですか を参考にしつつ、なるべく文章量少なめで作りました。

 

しかし、今のところ賛同者は自分だけ… orz

 

炎上どころか煙も出ていません。財政政策に情報公開、テーマがマニアックなのは分かっています。でも、これはとても重要なことです。90年代から「財政健全化」は、財政による景気対策や社会福祉を抑制させてきました。そして、長い不況は十万人以上を自殺に追い込み、就職難や生活苦をもたらしました。

 

公開を求めたいのは、財政健全化について民主党がどのように決定してきたのかを検証するために必要な記録です。民主党が本当に解散してしまう可能性がどの程度あるのか私には分かりませんが、少しでもあるとすれば見過ごすことはできません。どのような記録が作られ、保存されているかも分かりませんが、解党によって保存されている記録が失われてしまうおそれがあるのです。

 

もちろん政策を決めた過程の情報を公開することは、政党が掲げている政策が適切な検討を経たものであるかを有権者が知るためにも大切です。このような情報の公開は、政府に対しては盛んに要求されています。しかし、選挙で投票をする国民にとっては、むしろ政党の情報公開の方が大切です。来年には参議院選挙もあります。

 

 

現状、政党は政策の根拠を十分に説明してはいません。他の政党や報道機関が説明を求める対象も限られています。財政再建についても、そうした説明が行われてきていません。他の政党や報道機関も、民主党と同じ見解を示してきたからでしょう。

 

もちろん、民主党が特別、公開するべき責任を負っているわけではありません。しかし、民主党と他の党が財政再建を行うことで一致していたことは、民主党が情報を公開することが、もし検討に不足や間違いがあったときには、他党へも同様の情報公開を迫る圧力になることを意味します。

 

そして、民主党は政府の情報公開に比較的熱心な政党です。市民が求めても応じてくれないであろう政党と比べれば、少しは応じてくれる可能性がありそうです。

 

change.org はfacebookアカウントで簡単にログインできます。

twitterは特設ページからハッシュタグを付けてツイートできます。ハッシュタグ付きのツイートはページの下の方に表示されるようになります。(反映までに数分かかります)

 

 

 

未分類カテゴリーの記事